読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有り難う日記

最近、感謝する心が薄れておりました。そこで、日常の1シーンに「有り難い」ものを見つけて、記していこうと決意しました。

「グレートウオール」鑑賞

■試写会で、マットデーモン主演の「グレートウオール」(万里の長城)を見てきました。私もここへは行ってきたのですが、もし、この映画が事実に基づいて作られていると仮定すれば、こんなに武器があったんだーということになってしまいます。

 以前、元寇という歴史事象において、NHKが戦いの様子を復元していましたが、それに近い雰囲気がありました。大砲はもちろん、何でもありという感じで、さもありなんとも正直、思ったことでした。

 

■そして、これは史実ではないのでしょうが、敵がへんな怪獣?なのです。ここはどうなんだろうと考え込んでしまいました。ここは言わないがいいでしょう。見てのお楽しみということにしておきましょう。

 

 それにしても、この巨大なスペクタル、大変楽しめました。映画に感謝!!

4月1日という日に感謝!

■何かしら、生まれ変わったような気になりませんか。4月1日、何でも変わりますよね。以前書いた、番組編成もそうですが、職場や学校、学年が変わりますよね。何でも新しくなります。
 何か、生まれ変わったわけではありませんが、誕生というイメージになりますね。
 本日から、立場や名刺が変わる人もいるでしょう。新しい組織になる人もいるでしょう。釈迦は言いました。この世は全て変わっていく、変わらないものはないのだと。
 今日から、また新たな気分でがんばっていきましょう。
 私はまずは、1日の映画鑑賞へと行く予定です。安くなるからです!!
 4月1日に感謝!!

春ですね。

■先日、我が家の真上を燕が5羽ほど、飛んでおりました。ウグイスも上手に鳴き始めております。こじゅけいはまだですが、ヒバリもまだ聞いてはいませんが、実際は知らないだけで、すでに活動しているのかもしれません。

 菜の花も満開、桜はまだまだちらほらですが、チューリップもまだですが、もうそろそろでしょうかね! 春ですね。1年で一番いい季節じゃないかと思っているところです。春に万歳、そして感謝!!

 

映画予告に感謝

■昨日は新聞広告ということで書いたのですが、今日は映画の予告についてです。これは、ヤフーの映画情報で見ることが可能です。首都圏だとかなりの映画を見られるのでしょうが、地方ではそういうわけにはいきませんよね。なので、どんな映画が一体、公開されているのだろうと、興味津々なわけです。

 それで、予告編を見るのですが、やっぱり本編を見たくなりますよね。しかし、実際問題は無理なので、覚えておいて、DVDのレンタルとして見るしかないわけです。

 

■こんな夢を与えてくれる映画予告編に感謝!!

 

新聞広告に感謝

■新聞をよく読む方だと思っているのですが、中でも新聞広告にはかなり目がいっています。特に、週刊誌系と旅行系ですね。+本系です。

 週刊誌の目次だけでも世の中がわかったような「気」になります。でも、あまり購入まではいきません。なぜなら、dマガジンがあるからです。

 一方、旅行系、最近話題となっている◯◯◯クラブ、かなり注目しておりました。なぜなら、他の大手代理店よりもかなり格安だったからです。しかし、こんな羽目になってしまって、実に残念でした。

 本の紹介、これは麻薬になりますね。すぐ、アマゾンで購入となってしまうので、まずいです! あまりにも世の中が便利なので、くれぐれも書評欄は読まないようにしています。お金がなくなります!

 

■というわけで、こんな新聞広告に感謝!!

 

年休

■年休をとって、春の旅行に行ってきました。土曜日宿泊は高くなるので、月曜日に年休をとって、日曜日宿泊という形にしました。そうすると、安くなります。

 それはさておき、昨日の月曜日、本来なら仕事なので、早朝から出勤なのですが、旅館からゆっくり出ていくと、ちょうど通勤途中や、勤務に入られた方たちと道路や町中で接することができます。なにか、優越感?に浸ると同時に、こうやって皆さんが仕事をされてくれるので、ゆっくりできるよなーとも感じた次第でした。

 

■たまにとる、年休での旅行、ちょっとしたいい気分転換になりますよね。感謝!

 

 

稀勢の里に感謝

■昨日の大相撲はすごかったですね。負傷すると、だいたい休場という感じだったのですが、彼はまずは試合に出ました。そして、何と逆転優勝という結果を導き出しました。

 曰く、「けがをしたのは自分だから」と一切、言い訳をしない潔さ。そして、自分の力以上のものが出たという、見えない力の存在を感じさせる言葉。そして、勝とうという心意気、もう本当、男の中の男!、と思いましたね。

 見習わねばなりません。稀な勢いを持っている彼に、感謝!!