読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有り難う日記

最近、感謝する心が薄れておりました。そこで、日常の1シーンに「有り難い」ものを見つけて、記していこうと決意しました。

「ある天文学者の恋文」鑑賞

■いや、いい映画でした。何か、私に似ているぞーと思いました。要はこうです。

 不倫関係にある老教授と女学生の恋なのですが、老教授は難病にかかっていて、残りわずかの人生、でも愛しい彼女のことを忘れられない。そこで、自分の死後も彼女に忘れてもらいたくないために、残り数週間で、メールや動画をつくりまくり、さも生きているかのように振る舞うという筋書きです。

 

■これだったら、私もやりそうなパターンだな!と思ったことでした。ユウチューブで動画を作っておいて、指定日に配信するとか、メールもそうですね。新聞とかには、現代だからやれるシステムと歌われていたようです。はがきにしても、別の郵便局消印で送ってもらうことも可能ですから、死の直前には◯◯にいたんだーと思わせることもできますよね。

 

■いずれにしても、こんなに愛されたいですよね。愛されたいなら、自ら愛せよですね。私も妻にそんなシステムを構築しておきたいと思った次第でした。でも、それは死期がわかってからになりますよね。生きている間に届いたら、「遊び」にしかなりませんからね。いい映画に感謝!!