有り難う日記

最近、感謝する心が薄れておりました。そこで、日常の1シーンに「有り難い」ものを見つけて、記していこうと決意しました。

アフロヘアの講演会

■早期退職を考えている私にとって、朝日新聞を早期退職された、アフロが目印の稲垣氏の講演会に行ってきました。

 曰く、町が我が家という考え、脱帽でした。本で、コンビニが冷蔵庫という考えは知っていましたが、銭湯が風呂、カフェが仕事場、・・・という具合で、実に素晴らしい考えだと思えました。

 切り詰めると、「持ちつ持たれつ」という関係で生活をされているという感じでした。素晴らしい理想の環境だなーと思ったことでした。これが東京だからびっくりです。

「ため込む」を排除するという1本の筋が通っていました。電気代、何と200円以内、これにはびびりました!!

 爪の垢を煎じて飲まねばならないと思ったことでした。

 稲垣氏に感謝!!

「フォルトウナの瞳」鑑賞

■知っている俳優は、有村架純氏数人なのですが、これは飛行機事故を発端とした設定になっているようです。生き延びた2人が特殊能力を身につけ、近いうちに亡くなる人が透けて見えるという能力を持つにいたるわけです。

 ここから先はネタバレになるので、やめたがいいでしょうか。感動的な話ではありますよ。特に、若い恋人には2人で見てほしいなーという作品になっていると思われます。

雪の華」同様、純愛物語になっていて、とてもいい作品だと思えました。

 邦画の純愛物語に感謝!!

新車にニヤニヤ

■どうして新車を買うと、おかしくなくても、ニヤニヤしてしまうのでしょうか、こんなの、私だけでしょうか。

 実は、車ではなく、私の必需品、自転車です。

 使用している自転車のタイヤがもう替え時というサインがでてきていたので、換えに行ったわけです。

 するとどうでしょう。チェーンからブレーキと、悪い所がいくつも出てきたわけです。総額、15000円以上かかりそうです、という見積もりが出ました。

■どうしようか、逡巡した挙げ句、3万円の同一車両を購入することにしました。旧自転車には申し訳なかったのですが、「今まで有り難う」と言って、別れを告げてきました。

 今まで、自転車も自動車も約10年間乗っておりましたが、初めて「5年間」の命でした。

 旧自転車に感謝!!

実家に感謝

■私は若い頃は、借家に住んでいましたが、母が他界してからは実家に戻り、父と一緒に暮らしております。生前贈与を受けたので、今は持ち家です。

 世の中では、30代で結婚し、新築を購入し、定年の頃、払い終えるというパターンでしょうか。仮に、3000万円の家が購入した場合は、30年ローンで、約2倍の6000万円を支払うということになってしまいます。おいしいはずです、金融業にとって! 何もしなくても、3000万円が転がりこんでくるのですからね。

 

■それはさておき、私の場合は、購入していないわけですから、楽なわけです。しかも、河川改修で我が家は2回新築しているので、私は小学3年生の頃から、新築暮らしばかりなわけです。両親も、河川改修ということで、全額購入ではありません。だから、気楽だったと思います、1から購入するより!

 

 というわけで、私の場合は恵まれておりました。そんな実家に感謝!

wifiなどの通信システムに感謝

■もうすぐ平成が終わるのですが、平成といえば、インターネットでしょうね。95年にウィドウズ95が出て、私がネットを始めたのは96年、そしてウェブを作ったのが97年でした。

 平成でいえば、5/6年頃でしょうか。その頃のネット接続とは、電話回線でして、ピーヒャラヒャラヒャラ、ピピピピピというような音がして接続がなされておりました。

 いつも、電話代を確認しながら、接続していたのを思い出します。

 それが今や、回線なしのWi-Fiなのですから、時代は進んだものですよね。今や、飛行機の中からでもネット接続ができるようになりました(新幹線では何と、できません)。

 そんな通信回線のシステムに感謝!!

ギャグが好き!

■職場ではしゃればっかり言っています。家に帰ると、奇想天外な話ばっかり
しています。職員にも笑われ、妻も大爆笑です。

 私は道を間違えたと思っているところです。「ド、ド、ドリフの大爆笑」
というのがありますが、ここへネタを送る仕事とか、なかったのでしょうかね?

 きっと、皆が笑ってくれるだろうとおもうのですがね。

 ここではあまりにも下品で、言えないのですがね。

 そんな自分に感謝!! よくわからないですが!

各種カフェに感謝

■最近、マクドナルド内に、カフェができたというのを知りましたので、早速、本日、エスプレッソを飲みに行ってきました。

 スタバに、ドトールと、いろいろとあるのですが、Wi-Fiが無料というのが有り難いですね。

 

■ま、味の違いというのはわからないのですが、カフェを飲みながら、思索にふけるとか、パソコンを打つとか、こんなのが好きなので、最近はどちらかというと、行く方です。ただ、イタリアのバール、つまり本場には叶わないとは思うのですが。

 

 いろいろな箇所にカフェが増えてきたのに感謝!!