有り難う日記

最近、感謝する心が薄れておりました。そこで、日常の1シーンに「有り難い」ものを見つけて、記していこうと決意しました。

スペアの重要性

地方銀行が2つあって、どちらもインターネットバンキングを利用しているのですが、仮にAとしましょうか、このAという銀行、ログインがかなり具合が悪く、毎回、確認番号を3,4回打たないとと立ち上がりませんでした。そして、本日、7,8回やった時点で、「永遠に」使用できなくなりました。それで、銀行支店とヘルプデスク電話と二重、三重にたらい回しにされました。

 かたや、B銀行のネットバンク、とても利用勝手がいいです。この違いは、プログラミングなのでしょうかね? ログインで引っかかったことはほぼなく、スムーズに使えます。

 というわけで、今回、A銀行を解約することに決めました。使用できないでは、しようもないわけです。今、大手ネット銀行のネットバンクもカードとスマホで使い始めました。これはさすが中央大手でしょうか、かなり使い勝手がいいです。やはり、どれだけシステムにお金をかけるかの違いなのでしょうね。

 

■一方、プリンターも2台使っています。これも、Cが使えない時、やはり焦るわけです。しかし、Dが控えていると、仕事につまりがなくなるわけです。

 

 何が言いたいか、スペアの存在です。Aがだめでも、Bがあるという安心感、これが幸せの元かもしれませんね。というわけで、今回はスペアに感謝!!

花火大会

■我が家から花火大会がたまに見えます。これが中心部でマンション高層階に住んでいたら、いとも簡単に見ることが出来るのでしょう。

 しかし、我が家は海に近い、中心部を離れているわけです。それでも、各種花火大会の花火が寝る状態で、見えるのですから、おつなものです。

 もちろん、音だけで、花火の「は」も見えないということが多いのですが、そんな時は想像するようにしております。今のは、こんな花火だろうというわけです。

 こんな花火大会、あるいは花火の見える立地に感謝です。

ギアチェンジ

■人生を変えようというわけではありません。単なる自転車のギヤをチェン気したというものです。
 というのも、ここ数ヶ月、7段変速のギヤを変えるのに、かなり手首を回さないといけなかったわけです。しかも、グリップの箇所が切れ始めておりました。
 そこで、出張帰りにちょうど、大手自転車屋さんがあったので見てもらいました。すると、チェーンが緩んでいるし、ギヤはもちろん、悪くなっているということで、お金の持ち具合から判断して、今回はギヤのみチェンジということに相成りました。
 そこで、その帰り、調子のいいこと、いいこと、これだけ買った頃にはスムーズだったんだーというのが改めてわかったという次第でした。

 自転車のギヤもチェンジしたことだし、人生もチェンジしていかねばと感じた次第です。
 ギヤチェンジに感謝!!!

ペットボトルコーヒーに感謝

■皆さん、ご存じでした? 缶コーヒーの底にコーヒーの粉なのか、さびなのか、よくわからないのですが、茶色くなっています。これを見た後、缶コーヒーをあまり飲む気になりませんでした。
 ここへ来て、どうですか、ペットボトルのコーヒー全盛期を迎えております。
 もちろん、私も愛用しています。底は見えていますからね、これだと安心して飲めるわけです。

 こんなペットボトルコーヒーに感謝!!

東欧に感謝!

■昨日、「ミッション・インポッシブル フォールアウト」の話をしましたが、これを機に、全作、DVDで見直してみました。
 あることに気付きました。それは、トム/クルーズでしょうか、東欧が好きだということです。
 ほぼ全作に、オーストリアのウィーンを始め、ブダペストプラハ、ベルリン、ワルシャワ等々が登場しています。
 私もこんな町が好きで、何度か行ったことがあるので、よくわかります。町並みもきれいですが、スパイモノにはうってつけの背景だったり、混沌とした雰囲気がよかったりするのでしょう。
 写真は、それらの町のものですが、今一度、行ってみたいと、つくづく感じた次第でした。

 東欧に感謝!!

f:id:murakou:20180816132814j:plain

f:id:murakou:20180816132825j:plain

f:id:murakou:20180816132836j:plain

 

「ミッション・インポッシブル フォールアウト」鑑賞

f:id:murakou:20180815093846j:plain

■いやはや、またもや登場、満を持しての第6作目、主役は55歳くらいのトム/クルーズ。何と、毎回、ミッションは凄まじくなっているのに、加齢は進んでいるわけですが、それでもノースタントマンといいますから、凄すぎます。

 今回は、鍵を握る女性が複数いるので、その駆け引きも面白いものがあります。何より、あの3人のグループがなんと言ってもいいですね。

 今回は落ちまくるということで、フォールアウトらしいのですが、ものすごい落ち方のオンパレードでした。

 そしてまたまた、スパイものは世界が駆け回るというのが鉄則でして、これも楽しめました。最高でした。

■その後、もう1回見に行ったのです。そして、改めてわかったのが、イーサンが愛した女性が2人いたというのがよーーーーくわかりました。1人は奥さん、もう1人は今回の女スパイですね。2作連続出演の彼女です。
 イーサンを巡る、後半の女2人の会話が見世物ですよ。2回見ると、内容がよーーくわかりますよね。2回見て良かったというのが印象です。
 写真は、2015年当時のカンヌの町で撮影したMI4:ローグネーションの広告です。

 

 ミッションに感謝!

ふぐ刺しランチ

f:id:murakou:20180814081422j:plain

■フグなど、ほとんど食べないのですが、数年前にとあるホテルの夕食がふぐ一色だったわけです。その時、旨いと正直思ったのでした。どれ一つとってもまずいものはない! というわけで、自宅近くでふぐを低価格で食べられる所はないかな?と探しm輪っていたわけです。中心部へ行くと、たくさんあるのですが、最低でも、5,6000円するし、夜のみです。そうなると、飲まない私にとって厳しいものがあります。

 

■そんな時、このランチの店の紹介が新聞にあったわけです。これは、行くしかないということで、盆休みの昨日、妻帯で行ってまいりました。3000円で、クーポン券付きでして、2700円で食べてくることができました。とってもおいしかったです。

 こんなふぐ刺しランチに感謝!!