有り難う日記

最近、感謝する心が薄れておりました。そこで、日常の1シーンに「有り難い」ものを見つけて、記していこうと決意しました。

「ノマドランド」鑑賞

ノマドとは、遊牧民を意味する英語です。以前、「ノマドライフ」というキーワードがかなり使われました。

 つまり、遊牧民みたいに仕事をするというものです。会社勤めをせずして、ノートパソコンを持って、自分の好きな場所(家やカフェ等々)で仕事をするというものです。

 今回の映画はランドですから、国ということで、アメリカ合衆国全域?をバンに乗って、生活をして回るという映画でした。

 こんな方が米国には多いのでしょうね。

■映画の中では、アマゾンだとか、国立公園だとかで期間労働をしたりして、バンで自由な生活を送っていくという内容でした。

 物語性はあまりなく、実写版という形の映画でした。もちろん、実写とはいいながら、出ている方は女優さんですから、そうでもないのでしょうがね。

 ただ、実際の路上生活者も登場しているとのことでしたので、意外と真実なのかもしれません。

 何れにせよ、自由な国アメリカを代表するような映画ではないでしょうかね。憧れる反面、将来への不安が残るという面がありました。若いうちはいいのでしょうがね。

 年齢を重ねると、かなり厳しいですよね、病気とか、金銭面とか!

 私も今回、定年退職を迎え、考えること大でした。なお、映画は独り占めでした!!

 こんな映画に感謝!!

コークのサブスク!

■恐るべし、coke on! な、何と、自販機のコークオンで、サブスクが可能となっています。

 つまり、定額を支払えば、月に決まった量、飲める!!ということです。

 これにはびっくり、2700円で1日1本というわけです。しかも、5月分だけは、半額となります。

 何でもサブスクですね。恐るべしです!!

 よく自販機を利用される人は、これ、いいのではないでしょうか。

 どれでもいいということですので、高いのを購入すると、お買い得感が出てきますよね。

 コークオンサブスクに感謝!!

歯科医に感謝!

■やっと虫歯の治療が終わりました。

 何と1ヶ月かかりました。もちろん、週1回の治療だったのですが。

 神経を抜くという作業は、時間がかかるものなのですね。これで、2本目です。

 1本は入れ歯、1本は差し歯、2本は神経抜きであってないようなもの、親知らずは4本あって3本は抜歯、

 この状態で、8020運動はいけますでしょうかね?

 父は総入れ歯に近い状態です。聞いたら、残り17本と言っていました。85歳!

 私もそうならないよう、これから歯のケアをしっかりとやっていかねばと思った次第です。

 歯科医に感謝!!

退職金に感謝

■定年退職といことで、退職金を頂きました。

 私の通帳に振り込まれたわけですが、いつもより0が1個多いので、どんな気持ちだろうと思っていたのですが、

そこまで変化はなかったですね。

 若い頃は、きっとウキウキだろうなーとは思っていたのですがね。

 しかし、退職金を貰えるということは、有り難いことですね。これなしには、各種手続きが滞ってしまいますからね!!(年金とか任意継続とかです)

 自分の働きに感謝するしかありません。

 有森選手が言いました。

「自分で自分をほめてやりたい!!」とね。

 自分の体に感謝!!

公衆電話を発見!

■私は長い間、携帯を持っていませんでしたので、職場の近くに公衆電話がどこにあるかを把握していました。

 なぜなら、死活問題だからです。

 職場の電話を使うわけにもいかないので、10円玉は必需品でした。

 それが今や、「0」に近いですよね。

 そんな中、なんと、公衆電話を見つけてしまいました。え、ここに!というような箇所でした。

 なぜ、ここにはあるのだろうかと、???でした。

 しかし、いずれにせよ、あるかないかではかなり違いますよね。今では、スマホを持っているわけですが、やはり家の近くにあるかどうかは、災害の時にも役立ちますよね。

 そんな公衆電話に感謝!!

f:id:murakou:20210415053507j:plain

公衆電話

 

真東から太陽光!

■私の部屋は、真東にあたり、春分秋分前後は真東から太陽がご来光となります。

 よく、「睡眠・運動・朝散歩」というのが言われているのですが(「早寝早起き朝ごはん」ではありませんよ!)、その朝散歩の意味は、1つは太陽光を浴びるということです。

 太陽光がセロトニンを出すのだそうです。

 

■今現在、私の額には太陽光が入ってきているところです。まぶしくて画面が見えにくいのですが、レースのカーテンを開けて、我慢して書いているところです。セロトニンができるからです。

 

 夏至冬至となると、若干ずれてまぶしいというのは、時間帯で変わってくるのですが、この時期は、真東から日の出と同時ですから、有り難い限りです。

 ご来光に感謝!!

退職祝の花々!

■退職祝いの花などをたくさん頂きました。

 私ごときに、実にもったいないなーと思う一方で、感謝しても感謝しつくせないという思いで一杯というところです。

 お花というのは、本当にいいものですね。家に飾ることもできず、お墓に持っていったりもしたことでした。私を生み育ててくれた母もきっと喜んでいたに違いありません。

 本当に、皆さま、紙面を借りまして、ありがとうございました。セカンドステージを精一杯生きていくつもりです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

f:id:murakou:20210413192455j:plain

ランの花