有り難う日記

最近、感謝する心が薄れておりました。そこで、日常の1シーンに「有り難い」ものを見つけて、記していこうと決意しました。

ホテルプールで泳ぐ!

■久しぶりというか、トルコのホテル(イズミール)で泳いで以来のホテルプール、もちろん国内ですが、夜のプールは官能的です。

 何か、新しい出会いがあるような、ないような・・・・。

 あるわけありません、ハイ。

 むしろ、その雰囲気を他人に見るのが幸せな感じでした。

 夜の帳が下りる頃、ゆっくりと泳ぎに浸る、素晴らしい、この時間に感謝でした。

f:id:murakou:20210806071906j:plain

夜間、ホテルのプールにて!

 

ミルキーな味、初体験

■牡蠣を食べた人が「ミルキー」と叫んでいる番組をよく見ていたのですが、今回、私もそれを体験することができました。

 通常はほとんど食べない私ですが、妻が好きなもので、つきあいで年に2,3回食べるようになりました。

 それまでは、マガキを炭火で焼いて食べていたのですが、今回は岩牡蠣でした。

 そして、蒸してあったのかな、半蒸しなので、生に近いわけです。

 生は食あたりする人がいるということでしたので、心して食べました!

 そして、一口、これが例のミルキーな味というものか!!と、初めての食感を感じ取ることが出来ました。

 この初めての食感、ミルキーな味に感謝!! それとも牡蠣や料理方法に感謝かな?

 

f:id:murakou:20210805081319j:plain

岩牡蠣

 

干潟観察

■夏休みが始まっていますが、子どもに混じって?、干潟観察会に参加してきました。

 たまには、童心に帰ることもいいものですよ。

 もちろん、幼少期にこんな体験はなかったのですが、子どもに交じるということがとてつもなくいいものですよね。

 何か、元気をもらうようでもあり、ちょっとした生き物に歓声を上げる子どもたちに、感性の重要さを教えてもらえたような気がします。

 干潟観察、いや子どもたちに感謝!?

f:id:murakou:20210804080117j:plain

干潟の様子

 

蝉の死骸に感謝?

■蝉の鳴き声はまだまだ続きそうですが、少しずつ、セミの死骸にも触れるようになってきました。

「兵どもが夢のあと」という、松尾芭蕉の名句がよみがえってきそうな雰囲気の季節ともなってきましたね。

 これを見ると、まだまだ暑いのですが、いよいよ秋の入り口にも入ってきたのかな?という状況となってきました。

 人生を教えてくれているような感じにもなってきますね。

 元気で、意気揚々と鳴いている間は絶頂期にあるわけですが、いずれ年を取り、体が動かなくなってきます。

 それを蝉が教えてくれているような気がします。

「ワシワシ」と元気よく鳴いている間はわずかで、自分の仕事が終わったら、こうやって地面に落ちて、今度は蟻が食していきます。

 実にはかない人生とはいえ、誰でもが通る道、それを蝉が教えてくれているように思います。

 蝉の姿に感謝!!

体操に感謝

■座りっぱなしの仕事をしていると、あるいは家でパソコンばかりしていると、血流が下半身に集中してしまい、不健康になりがちです。

 最悪の場合は、エコノミークラス症候群となってしまうから怖いですよね。

 そこまではいかなくても、1日1日じわじわと、自律神経をむしばんでいき、どこかで病気を発症してしまいかねないわけです。

 よって、簡単な体操をするわけです。

 このことによって、一時的ではありますが、血流が復活して、全身を血液・リンパ液をを始めとした、体液が回り始めます。

 そうすると、新陳代謝が起こり、自律神経失調症を免れるわけです。

 座ってできる体操を身に着けておくと、便利ですよね。

 そんなミニ体操に感謝!!

ストーリーに感謝

■オリンピックが始まっていて、毎日、悲喜こもごもなニュースが飛び込んでくるわけですが、それに一喜一憂しながら、見ているところです。

 その事実に、ストーリーが加わると、まるで感動が違ってきてしまいます。

「そうだったんだー」とね。

 すると、感動も一入高くなってきます。そんな流れがあったんだーと、その選手の人生に共感できるような雰囲気になってきてしまうから不思議です。

■つまり、事実にそれまでの経過がストーリーとして語られると、同じ事実がまるで生き物のように動き出します。

 ストーリーに感謝!!

卓球の試合に一喜一憂

■やっぱり、オリンピックはというと、やっていた卓球に引き込まれます。

 やはりやっていないスポーツはイマイチ、目がいかないようです。

 それで、卓球に集中しているのですが、混合ダブルスはお見事!!

 そして、応援しているファンとしては石川選手なのですが、準々決勝で敗退してしまいました。

 この喪失感といったら、なかったですね。うーん、残念!!

 ま、しかし、何人もの選手が頑張っておられるので、エールを贈り続けたいと思います。

 こんな選手たちに感謝!!  がんばって!!